2006年2月21日 (火)

携帯サイト作成に役立つツール

携帯端末向けのサイト構築を開始してからいくばくが経ちました。
近隣大学の携帯サイトを調査し、どんなコンテンツを盛り込むか、サイトマップを検討することから始めました。

大体見たところ、どこも受験生向けにコンテンツを用意している大学が多いです。お父さん方や主婦層が携帯でWebサイトを見ている姿もあまり想像できませんし、大学が想定するターゲットとしては「受験生」が適切なんだと思います。
最近の高校生の携帯活用ぶりは感心の域を超えてますしね。
後は、スクールバスの時刻表など、在学生に便利なコンテンツを加える、といったところでしょうか。携帯ばりばりの高校生たちがいずれは在学生になるわけですから、効果は期待できます。

そんなこんなで、コンテンツの抽出とサイトマップを完成させ、実際に作成に移っているところです。本学独自(あまり他の大学の携帯サイトでは見られなかった)の工夫も少し盛り込んでみたりもしていますが、これは出来てからのお楽しみ、ということで(笑)

タグが限られた携帯端末向けサイトの構築は、Windows付属のメモ帳でも充分可能ですが、機種ごとの表示の違いやプレビューがちょっと面倒です。いちいちサーバにアップして各種携帯端末でアクセスするのも非効率・・・。

そんな悩みを解決してくれる良いツールがありました。
NTT DocomoとVodafoneから、それぞれシミュレーションツールが無料で公開されています。

iモードHTMLシミュレータ Version 7.2
(900iシリーズ以前のiモード対応エミュレータソフトウェア)
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/flash/tool.html

iモードHTMLシミュレータII Ver.3.1
(901iシリーズ以降のiモード対応エミュレータソフトウェア)
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/flash/tool2.html

ウェブコンテンツヴューア
(ボーダフォン携帯電話端末ブラウザのエミュレータソフトウェア)
http://developers.vodafone.jp/dp/tool_dl/web/wcv.php

AU対応HDML技術情報(情報のみ)
http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/index.html

これらのツールを使用すると、いちいちサーバー上にアップしてから携帯で確認しなくても、パソコン上から自分のパソコンの中に保存しているHTMLファイルを参照して、実際どのように見えるかをエミュレートすることができます。
あくまでエミュレートですが、DocomoやVodafoneなど複数種類を自分で調べれますし、参考にはなると思います。

携帯端末向けサイトを内製されている方、是非使ってみてください。

| | コメント (47) | トラックバック (67)

2006年2月15日 (水)

携帯端末向け公式サイトの構築

突然ですが、本学公式サイトには携帯端末向けのコンテンツがまだありません。正確には、一部の意欲的な部門が作成しているものはあるのですが、公式サイトにはないのです。

これまで、携帯端末向けの公式サイトを提供してこなかった理由はいくつかあるのですが、携帯電話の普及が一般化したことと、Webサイトを見るのに携帯を利用する高校生が増えてきていることから、携帯端末向けコンテンツも大学広報に役立てるべきだと考え、重い腰をあげました。遅いですね・・・(汗)

以前、携帯端末向けのコンテンツを作成する上での、本学独自のガイドラインを用意したことがあります。携帯端末で表現できるWebサイトはまだまだ簡易的なHTML文のみですので、内製でタグ打ちすることを基本とし、全キャリアに対応させるために共通のタグのみを利用可能とガイドラインでは定めています。つまり、画像などもキャリアごとに対応フォーマットが異なるため使用しない、という方針です。
CGIなどを利用してアクセス時にキャリアを判定して、表示するページを分ける方法もありますが、本学では各部門での作成のしやすさと全キャリアで問題なく見れる間口の広さを重視し、このようなガイドラインにしました。

要は中身の充実が大事だと思うのです!デザインに差がでにくい携帯端末向けなら尚のこと。
ということで、サイトマップを議論し、これからメモ帳でタグ打ちしていく予定です。作業者が私を含めてたった二人というのが一番の問題ですかねぇ・・・。

| | コメント (315) | トラックバック (0)